お母さんの本音・娘の本音・息子の本音

I thought I only closed my eyes for a moment
「少しの間、目を閉じて考えてみた」

But I am old already
「私ずいぶん歳取ったわ」

I thought you would be a little child forever
「ずっとあなたは小さな女の子でいると思ってた」

But you have already grown up
「でもあなたは大人になったのね」

I still don’t know much about life
「人生はまだ知らないことがあり」

so I don’t have much to tell you
「あなたにあまり伝えることはできないけど」

But I want you to be happier
「でもあなたにより幸せになってほしいから」

so I search my heart for things to tell you
「私は何をあなたに伝えられるか、心の中を探したの」

Study
「勉強しなさい」

No, that’s too basic
「いやこれは基本すぎるかしら」

Be sincere
「誠実にいなさい」

Even I couldn’t do it myself
「私も上手にできなかった」

Love
「愛しなさい」

No, that’s too difficult
「いやこれも難しすぎる」

Just go live your own life
「あなた自身の人生を生きなさい」

                                                

I thought I have lived life long enough
「私は自分の人生を長く歩んでたと思ってたけど」

But I’m still only eighteen
「まだ私は18歳でしかない」

I always wanted good to be a good daughter
「いつもあなたの良い娘であろうとしたわ」

But I already failed
「でもすでに失敗してしまったの」

I don’t know much about life yet
「まだ人生についてあまり理解していなくて」

so I still have a lot of things I want to I know
「まだたくさん知りたいことがあるの」

But you just keep repeating the same words to me
「お母さんは何度も同じ言葉を繰り返すから」

And I can’t help but shut the door to my heart tighter
「私は心のドアを固く閉じてしまうの」

Study
「勉強しなさい」

I know that’s important too!
「私だって大切だって分かってるわ」

Be sincere
「誠実に」

Can’t you see I’m trying?
「努力してるのが分からない?」

Love
「愛しなさい」

I don’t want to get hurt anymore
「もう傷付くのが辛いの」

Let me live my own life
「私の人生を生かさせて」

                                                 

息子

I hanmer your heart
「母さんの心を叩いたね」

Even time I make mistakes, big or small
「大きかったり、小さかったり間違いを犯す度に」

But you still patch my clothes
「でもあなたは僕の洋服の穴をいつも塞いでくれた」

with your punctured heart and hands
「お母さんのその穴が空いた心と手で」

You would listen to me and say “It’s okay"
「僕の話を聞いて大丈夫だよ。って言ってくれたね」

but do you know that my heart is still not at peace?
「でも僕の心が平安じゃなかったって知ってた?」

You would hug me although I’m hateable
「僕は嫌なやつだったのに、いつもハグしてくれた」

And I would promise to be better
「だから僕は良くなるって約束するよ」

                                                 

Study
「勉強しなさい」

No that’s too basic
「いやこれは基本すぎるかしら」

Be sincere
「誠実にいなさい」

Even I couldn’t do it myself
「私も上手くできなかったけど」

Love
「愛しなさい」

No, that’s too difficult
「いやこれも難しすぎる」

Just go live your own life
「あなたの人生を生きなさい」

Can you forgive me
「私を許してくれる?」

for not a good mother to you?
「良いお母さんでなかったこと」

Can you promise me
「約束してくれる?」

that you will be a better mother than me?
「私より良い母親になるって」

Even if you don’t tell me
「もし私に伝えることが出来なくても」

I know you love me more than anyone
「あなたが私のことを何よりも愛しているって知っているわ」

                                                 

娘&息子

So I can confidently say that
「私は自身を持って言える」

my dream is to be a great mother like you
「私の夢はあなたみたいな偉大な母親になること」

Even if you don’t tell me
「もし伝えることが出来なくても」

my dream is to make you happy
「私の夢はあなたを幸せにすること」

Thank you Mom!
「ありがとう!母ちゃん」

                                                

これは偶然見つけた韓国のヤン・ヒウンさんというアーティストの方が歌った「母が娘に」という曲の歌詞なのですが、音楽と歌詞、そしてまっすぐに相手を想って歌う姿があまりに素敵だったので、😘

シェアさせて頂きました。

動画は韓国語のため、韓国の友達に

この歌のストーリーと、歌詞の意味を聞き

日本語と英語で歌詞の意味を紹介しました!

まるで世のお母さん方の気持ちを代弁しているような歌だなと感じ、

感慨深かったです。🙄

親が本当に子供に伝えたい大切なことって、意外にシンプルなはずなのに

あれもこれも求めて口うるさく注意することにより、子供も反発してしまう。

そしていつしか面と向かって「ありがとう」と言うこともできなくなってしまいますよね!

でもほとんどの親は子供のことを無条件に愛していて、子供もそれにできる限り応えようとしているんだなーと・・・

先週は父の日で、映画「ファーザー」の話題をお届けしましたが、

それをきっかけに家族への愛や感謝について考える機会が与えられたこと、

また、巷で韓国のドラマが流行っていたり、最近韓国のメンバーが仲間入りをしたり

といった「プチ韓流ブーム」が起こっているので、

今週のブログは韓流と家族のことを織り交ぜたデザインにしてみました!😉

これを機に家族に素直に感謝を伝えることにトライしてみよう!

と改めて思いました。

こういう真っ直ぐな歌を歌えるって良いですねぇ!😭


この記事を書いた人

城山渡来

MENU