ちょこちょこっと、ちょこっと □◆

今日はバレンタインですね。

今年はリモートで職場の人に渡すチョコの準備をする割合が

昨年より確実に減ったかもしれませんね。

しかも、今日は日曜日。

義務みたいになっちゃってる方は楽ですね今年は。

職場の女子からのチョコを期待していた男性、今年は期待薄です。

自分の職場は女子がいないので毎年ゼロで。

まあ、お返しもしなくていいので楽ですけどね。

さてさて、今回はデートプランを

まあ、コロナだし実際のデートプランを書いても現実感がなかなかないと思うので、

どうせなら突拍子も無いプランで。妄想デートですねww

その場所は、スイスですw

チョコレートの博物館

”LINDT Home of Chocolate ”

です。

世界120ヵ国で愛されるリンツ社のチョコの博物館。

こんな感じのところ。

映像はCGでありますが、実際の施設と変わらないです。

サッカー場5個分にも当たる面積の敷地を保有する施設です。

海外は規模が大きいですね。

大きいのは規模だけではなく、チョコの試食も食べ放題と、サービスも大で。

スイスイへ旅行へ行った時のお土産といえば、そうチョコレート。

チョコの国スイスですね。

いいな、住んでみたい。。コーヒ飲んでチョコ食べてコーヒ飲んで。。。

施設の入り口には9mと巨大なチョコのファウンテンがどーーーん!!

Visualisierung des neuen Lindt Home of Chocolate in Kilchberg. (PPR/Lindt & Spruengli)

これ、なんだか、チョコレートが流れている風。

いや、風ではなく実際に流れているらしい。。。しかも、本物が。

そうチョコフォンデュできそうな。。。🤤

建物入ると天然チョコの甘い香りが漂いますね、こりゃ。

もちろん製造過程のチョコレートを見学することもできます。

他にチョコレートの歴史や、スイスがチョコレート大国になった謎などが解き明かされるコーナーなんかも。

いかがでしたか?妄想デートww

いやー、でも紹介してるだけでチョコ好きにはたまらなかったです。

明治の板チョコ(ブラック)かじりながら我慢しますw

ハッピーバレンタイン

峯田 優介

この記事を書いた人

MENU