わたしのこれからとわたしのいままで

2021年1月15日

わたしのこれからとわたしのいままで

わたしのこれから

ブログやTwitterやインスタグラム

すべてしっかりと時間かけて私を見せます

ひとつひとつ、気抜かりなく丁寧に作っています

なぜか?

僕が提供しているものがそういうものだからです

だからこそ、妥協や雑な投稿や発信はしませんし

僕がそんなこと許しません

つまらないツイートやブログはいっさい書きません

たしかに時間はかかるし修正の連続で簡単なことではないけど、やる

なぜならそれは僕の◯◯◯というブランディングに反するからです

僕がこの場で提供すること

それは言葉にできない美体験です

飾って聞こえるかもしれませんが

僕にできることはそれくらいしかありません

芸人のように始めから終わりまでゲラゲラと笑わせることもできませんし

イケメンのように見つめるだけであなたをドキドキさせることもできませんし

ローランドのようにハッとする一言を言うこともできません

しかしそれは僕が劣っているというわけではありませんしそういうことが言いたいのではありません

僕にも芸人ができなくて僕ができること

僕にも吉沢亮ができなくて僕ができること

僕にもローランドができなくて僕にてきること

たくさん、あります

ものごと、比べるものじゃない

魅力はそれぞれが、持っている

あとは直感で好きになれるかなれないかそれだけ

比べて好きになるのではなく、その人の魅力を見て好きになれるかどうか

世の中はこの順番がアップサイドダウンなのです

僕ができることに徹しよう

それは僕が小さい頃からの、親から学んだ哲学です

哲学というと難しく、大げさに聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと、僕が生きていく上での軸となる部分です

あなたに軸はありますか?

軸がないと人の意見のまま決断したり

他人任せにしたり自分が小さく見えてきたりしてしまう

自分らしく

とよく言われますが

それもそこに含まれます

軸がないと自分らしさなんて成立しないからです

軸があるから、どんな局面でも、あなたの哲学を貫ける

それが自分らしさという表現になる

美体験とは何か

美しい場所であなたと静かに話すこと

僕はそんな軽い気持ちで受け止めています

たぶんそれだけで、あなたは満足するからです

軽い気持ちというと語弊がうまれそうなので補足すると

僕は全力であなたをエスコートします

しかしそれは脱力した状態で柔らかい気持ちでおこないます

なぜなら力んでいるとあなたも力むからです

力まないためには力まないことが大切です

体は心に呼応します

心が軽い気持ちでいるならば

体も軽い気持ちになる

するとそれはリラックスという言葉に置き換えられ

その状況は落ち着きという言葉に置き換えられる

それはあなたを癒す

美しい場所

僕はそういう場所に小さい頃から通ってきたため

なれています、むしろ、一番落ち着きます

それがわたしのいままでです

そしてそんな僕から言わせてもらうと

こういう場所は

そこにいるだけで過去にあった辛いことを忘れさせてしまうほど副交感神経を活発にさせリラックスのモードにさせてくれます

魔法のように、空間が僕たちの心に働きかけてくるのです

僕はそんな場所であなたとティータイムを共にしたり、ビュッフェで好きなものを好きなように食べて何気ない話をする

それがわたしのこれからです

肩肘張らず、ただ、会いにいく、そんな感覚で

僕に会いにきてくれればいいと思います

今回は何の記事か?

わたしのいままでとわたしのこれから

という題名の

あなたとのデートプランを想起させるための記事でした

この記事を書いた人

ゆうや

MENU